レース展望 安田記念

安田記念(GI・東京芝1600m)は春の最強マイラー決定戦。正式名称は農林水産省賞典安田記念となっている。本競走は競馬法の制定や東京優駿(日本ダービー)の創設など、日本競馬の黎明期に発展に尽力した日本競馬界初代理事長・安田伊左衛門の功績をたたえて1951年(昭和26年)つくられた競走であり、当初はレース名が安田賞で、条件は東京芝1600m、負担重量はハンデキャップだった。58年に安田伊左衛門が死去し、この年に安田記念に変わっている。60年と61年は芝1800mで行われたが、62年には芝1600mに戻った。グレード制が敷かれた84年にGIに格付けになり、負担重量が定量に変更されている。なお、この84年から秋にマイルチャンピオンシップが施行されるようになった。05年からは香港ジョッキークラブと提携してアジアマイルチャレンジの一環に組み込まれている(12年は休止)。
第1回の覇者はイツセイ。GIに格付けされた84年以降の勝ち馬には、ニホンピロウイナー、ギャロップダイナ、ニッポーテイオー、バンブーメモリー、オグリキャップ、ヤマニンゼファー、ノースフライト、トロットサンダー、タイキシャトル、アグネスデジタル、ダイワメジャーと名馬の名前が並ぶ。外国馬はハートレイク(UAE)、フェアリーキングプローン(香港)、ブリッシュラック(香港)と3頭が勝っている。08年と09年は牝馬のウオッカが連覇を達成。10年はショウワモダンが制し、11年はリアルインパクトが59年ぶりとなる3歳馬による制覇を成し遂げた。12年はストロングリターンが1分31秒3のレコードで戴冠。13年はロードカナロアが、14年はジャスタウェイが勝利を手にしている。
第65回の今年は19頭が登録して17頭立てになった。ダービー卿チャレンジTを圧勝したモーリス、昨年の秋にマイルチャンピオンシップを制したダノンシャーク、同レース2着のフィエロ、京王杯スプリングC勝ちのサクラゴスペル、同レース2着のヴァンセンヌ、3歳だった11年に安田記念を制しているリアルインパクト、昨年の春にNHKマイルCを勝ったミッキーアイル、12年のNHKマイルC勝ち馬カレンブラックヒル、マイラーズC勝ちのレッドアリオン、マイルチャンピオンシップ2着等の実績があるダイワマッジョーレなど、一線級のマイラーがそろっている。直線は迫力満点の叩き合いが演じられることになるだろう。